ゆかいな更年期!#9「アソコの不快感」

#9「アソコの不快感」

 女性チャンネル♪LaLa TVがお届けする、女性の元気を応援する情報トーク番組『クワバタオハラのゆかいな更年期』更年期を明るく前向きに考える同番組と連動して、『Go Women, Go!』でも更年期を乗り切るための様々なヒントを紹介していきます。

 第9回目のテーマは「デリケート・ゾーンのお悩み」。番組では泌尿器科医であり、女性医療クリニックLUNAグループ理事長の関口由紀先生をお迎えして、更年期に起こりやすくなるデリケート・ゾーンの不快感と対処法について、お話を伺いました。

デリケート・ゾーンの悩みは、相談しにくい!

 「年齢を重ねると、トイレが近くなる」という話をよく耳にしますが、デリケート・ゾーン(フェムゾーン)の不快感を感じている更年期世代の女性たちはとても多いはず。でも、この悩みはなかなか人には相談しにくいものです。

 女性ホルモンが減ってくると引き起こされる諸症状・諸疾患には、大きく分けて以下のようなものがあります。

GSMって、何?

 閉経に近づいたり、閉経すると、発症しやすくなるのが閉経関連尿路生殖器症候群(Genitourinary Syndrome of Menopause、略してGSM)。GSMとは、女性ホルモンの低下によって起きる外陰部や膣の不快な症状の総称で、主な症状にデリケート・ゾーンの不快感(乾燥、かゆみ、痛み)、尿漏れなどの排尿トラブル、膣圧縮による性交痛などがあります。

 「女性の場合、泌尿器科の病気は50歳を過ぎたら増えてきて、50代以降の日本女性の半数が何らかのGSMの症状 に悩んでいると言われます。GSMは女性ホルモンが低下してきた人に起きる症状なので、閉経前後や閉経後の人に限らず、たとえば病気による影響で生理が止まった方などにも起こります。女性の生活の質を下げるので、軽視せずに予防やケアが必要です」と、関口先生。また、GSMと深く関係する骨盤底障害についても、「たとえば、湯船に浸かったあとに膣からお湯がポタポタ落ちるのも、骨盤底障害。GSMが起きるとそれが悪化するので、フェムゾーンの正しいケアが必要です」と、膣周りのお手入れの重要性を説明されました。

 関口先生がお勧めするフェムゾーンのケアは、「洗浄と保湿」。「外陰部はいつも丁寧に洗浄して清潔に保ち、ローションやオイルなどを塗って乾燥を防ぐことが大切。膣は皮膚が薄くて角質層も少ないので、顔のお手入れと同様、何もしなければ乾燥してシワシワになりますよ。健康な膣を保つためには、マッサージも効果的です」とのこと。フェムゾーンも、顔と同じように日々のお手入れが必要だったとは、驚きです!

 「人から見える箇所ではないから……」、「自分で見たり、触ったりするなんて恥ずかしい」などの様々な理由から、フェムゾーンにトラブルを抱えていても誰かに相談するのを躊躇ったり、お手入れを避けてきた人も多いのでは? この機会に骨盤底障害やGSMの予防や改善をして、生活の質を高めましょう! 次回は、頻尿や尿漏れについて関口先生にお聞きします。

クワバタオハラ
フェムゾーンのお手入れなんてしたことなかったけど、先生の話は目から鱗でした!

膣の老化防止のためならば! アメリカの膣周りグッズ

 「75%の夫婦は性交渉がない」(2018年厚生労働省調べ)、「1カ月以上、性交渉がないカップルが半数」(調査元不明)など、日本では「カップル間におけるセックスレス」が多いことが話題になりますが、その解決に取り組むカップルは少ないのかもしれません。一方、アメリカでは年齢を重ねても、カップルがセックスレスに陥ると「その状態で関係を続ける必要があるか?」という疑念を持つ人も多く、別れや離婚に直結しやすい問題です。

 そんなわけで「セックスの有無と質」が重要案件であるアメリカでは、「膣の老化はなんとしても阻止したい」と考える更年期世代の女性たちが多いようです。その影響なのか、膣周りの強化に余念がない女性のニーズに沿った商品がたくさん出ています。今回はアメリカの膣強化アイテムをいくつかご紹介します。

膣拡張療法(Vaginal Dilation Therapy)の専門サイト

日本でも同様のセラピーや膣の若返りを図るレーザー治療などがありますが、膣拡張療法や骨盤底の強化などの専門サイトや専門医が大勢います。たとえば下記の専門サイトには、膣拡張グッズの販売ページ、メールマガジンや医師のリスト、女性だけでなく男性用のページなどもあります。

関連商品の販売ページ
https://www.cmtmedical.com/product-category/pelvic-pain/dilators/

膣拡張器$45(約4,780円)。小さいサイズから徐々に広げていくタイプ

ウィネス・パルトロウ率いるGoopの膣グッズ

ハリウッド女優グウィネス・パルトロウが2008年に設立したGoop。設立以来、お騒がせ話題を振りまき続けて早13年、数ある商品の中でも女性主体のセックスをサポートする商品はいつも全米の話題をさらっています。

特に有名な商品はGoopオリジナルの「Jade Egg」($66/約7,000円)。お湯で温めた卵型の「Jade Egg」を膣に挿入して15分くらいすると、「膣と心が一体化する」という品物です。

Goopには他にもいろんな膣関連商品があります。日本専用のGoop Japanはこちらです。

新・LaLa女性外来『クワバタオハラのゆかいな更年期』

 人気芸人・クワバタオハラのお二人が、女性の心と身体をトータルに診る“女性外来”の医師や専門家と共に、明るく楽しくに更年期を乗り切る術を語り合う女性の元気を応援する番組『クワバタオハラのゆかいな更年期』。 番組のMCをつとめるお二人は、それぞれ3人の子供の母であり、40代半ばという更年期が気になる世代です。

 1回目(#1)「これって更年期?」2回目(#2)「乳がんのウソ? ホント!?3回目(#3)「眠れない(前編)4回目(#4)「眠れない(後編5回目(#5)「シミ シワ たるみ」、6回(#6)「肌トラブルQ&A7回(#7)「血管が減る?!第8回目(#8)「その動悸、大丈夫?」と更年期女性たちの多くが抱える症状について取り上げてきました。

 次回は、更年期のお悩みの中で最も相談しにくい症状のひとつ、頻尿・尿漏れなどについて、専門家から対処法を教えていただきます。 QOL(生活の質)を下げることなく、ウェルエイジングのヒントを一緒に見つけていきましょう!

【#9】「アソコの不快感」
2月5日(土)8:00~8:30
2月6日(日)から再放送多数

出演:クワバタオハラ(くわばたりえ、小原正子)、関口由紀(泌尿器科医・女性医療クリニックLUNAグループ理事長)

bnr_1200x200

おすすめ記事