海の向こうの流行モノ#01「Trader Joe’sにある日本」

どこかエキゾチックな「Japanese」の文字

 アメリカのスーパーマーケットは全米展開の大型店舗から地域密着型まで様々ですが、どの店も独自のテーマとターゲット層を掲げて、それに合う品揃えをしています。大量の商品の中で最近はどんなものがアメリカで話題なのか、肩の力を抜いて楽しめる情報(笑)をお届けします。

 今回は、ファンキーで茶目っ気たっぷりの個性的な店員さんたち(タトゥー系、顔ピアス系、ビビットな髪色系多し)が揃う、「あなたの近所の食品店」として大人気のトレーダー・ジョーズ(Trader Joe's)編。「大手食品メーカーの商品は置きません」と潔く言い切り、オリジナル商品とバイヤーが選んだ国際色豊かなアイテムで構成される同社は「トレジョ」、「トレジョー」、「TJ(ティージェイ)」など、ファンから愛情を込めて呼ばれています。そんなトレーダー・ジョーズ第1弾は「商品名にジャパニーズがつくもの」をピックアップ!

Japanese Panko Breadcrumbs (日本風パン粉)

Japanese Style Panko Breadcrumbs(日本風パン粉)。

 アメリカにも以前からブレッドクラム(パン粉)は存在している中、わざわざ「ジャパニーズ」と銘打って商品化に踏み切るところが、トレーダー・ジョーズの心意気。パン粉という日の目を見にくい日本食材に目を向けてくれたことに、日本人として嬉しさを隠せません。「パン粉は日本のパン粉じゃなきゃダメだよね」という風潮をアメリカにもたらせたような一品。

Japanese Style Fried Rice(日本風チャーハン)

Japanese Fried Rice (日本風チャーハン)

 ひじき枝豆豆腐という日本を代表する3食材をガツンと打ち出した冷凍チャーハン。アメリカ人のファンたちが、これを「和食」として位置づけているかどうかは定かではありませんが、レンチン食品としてはなかなかです。

Pork Shu Mai(豚シューマイ)

Pork Shu Mai(冷凍の豚シュウマイ)

 パッケージには「Japanese」という文字は見当たらないものの、この冷凍シューマイの豚バージョン(鶏肉バージョンもある)は、日本の冷凍食品に限りなく近いと言われる一品。ファンの間では「豚肉バージョンだけは、某有名日本食品企業が直営するアメリカ工場で作られているから美味しい」という噂も。

Umami Seasoning(旨味調味料)

「旨味」という名の大人気シーズニング、UMAMI

 英単語のひとつとして認知され、辞書にも載るようになった「Umami」(旨味)。この「Umami」が、果たしてアメリカ料理にどれほど生かされているかはわかりませんが、近年アメリカの都会では「ウマミ、最高!」と熱く語るアメリカ人の姿を寿司屋で見かけることが増えたような気がします。

Japanese Sweet Potato(日本のさつまいも)

ここまで打ち出されるディスプレーはなかなか見かけない

 野菜や果物といった生鮮食品のセクションにも「ジャパニーズ」の看板が! 「三度のご飯よりもジャガイモが好き」というアメリカ人たちが溢れるスーパーの片隅で、日本品種のさつまいもが健闘する姿を見かけ、つい「カゴいっぱい購入してしまった」のは、Go Women, Go!編集部のWです(笑)。

 次回はアマゾンドットコム社が買収した高級スーパーマーケット「Whole Foods」編をお届けします。お楽しみに!

おすすめ記事