凝り固まった固定観念から解放されよう!

 アラフォー&アラフィフ世代にもなると、自分の中に価値観、固定観念が
根付いてしまっているもの。しかしそんな中には、自分には何の得にも
ならないものも存在するものです。

 「不要な思い込みを手放すこと」というのは、人生をプラスにする
大きなカギ。今日はあなたの背中をそっと押して「余計なものは持って
いなくていいんだよ!」ということに気づける書籍を紹介します!

『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』

ファクトフルネス

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 』
10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 

著者:ハンス・ロスリング, オーラ・ロスリング他


 昨年発表されて、たちまち世界中でベストセラーになった本書。
2020年上半期ベストセラー1位にもなりました。

内容は貧困、教育、エネルギーなど、現代社会が抱える問題に
フォーカスされていますが、物事を正しく見るためにはデータや
裏付けが重要という本書の主張は、人生どんな場面でも役に
たつはず。例えば「みんなこう言う」とか「普通はこうだ」が
実際には本当にそうなのか…… 人生には周囲に流されず
冷静になる瞬間は誰にも必要ですね!

『人生を変える一番シンプルな方法 ― セドナメソッド ―』

手放しの法則

『新版 人生を変える一番シンプルな方法 ― セドナメソッド ―』
ヘイル・ドゥオスキン  (著), 安藤 理 (監修), 乾 真由美 (翻訳)


 「引き寄せの法則」というのは、よく耳にする言葉ですね。けれど
この本では「手放しの法則」を紹介しています。

 この本はアリゾナ州のセドナを拠点に著者が展開しているセミナー
内容をまとめたものですが、人間関係、仕事、お金、健康など、
人生にまつわる様々な問題を「感情を解き放つ」ことによって
プラスに転換する方法が紹介されています。「余計なものを手放さなねば
引き寄せた何かを置く場所もできない」ということが分かる
納得の一冊です。

『迷路の外には何がある? ――「チーズはどこへ消えた?」その後の物語』

『迷路の外には何がある? ――「チーズはどこへ消えた?」その後の物語』

『迷路の外には何がある? ――「チーズはどこへ消えた?」その後の物語』
スペンサー・ジョンソン (著), 門田 美鈴 (翻訳) 


 世界的ベストセラー、『チーズはどこへ消えた?』の続編は、
あなたの思い込みに対し、あらゆる問いかけをしてくれます。

 「うまくいかないのは自分の努力がたりないせい」、
「頭では分かっていても、心がついていけない」。
変えられない自分を変える方法とは一体どんなものなのか。
著者が亡くなる前に執筆したという本書は、そんな悩みを
抱えるすべての人への最後のメッセージであるかのようです。
「誰もが幸せになっていいという」シンプルでストレートな
真実を、私たちに投げかけてくれます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事