こんな勘違いは、しないほうが得策!

日本人がしがちな、3つの勘違い

 前回、アメリカの日本人社会が、いかに日本とは違うかについて書きました。
日本にいて、普通に日本人同士で交流するよりも、ずっとややこしくて、ずっと面倒な部分があるということをお話しいたしました。もちろん私の個人的見解に過ぎない部分はあると思うのですが、間違いなく日本の感覚を引っ張ってアメリカでやっていくのは無理だと思うので、参考にしていただければ幸いです。

 今回は日本人社会で時々出会う、「勘違いをしている人」についてお話します。そんな人たちは、アメリカに関する特定の思い込みがあって、これから書く「3つの勘違い」をしていることが多いです。今回も「あるある」に近いですけれど、本当に色々なところで似たようなタイプの人に出会ってきたので、アメリカに来てご自身がこうした勘違いをしないために、参考にしてもらえると嬉しいです。

勘違い1:アメリカ人は自己主張するという思い込み

 勘違いその1は、「アメリカ人は自己主張する」というステレオ・タイプな思い込みをしている人です。アメリカでは自分の意見を自分の言葉でハッキリと伝えることを求められることが多いですが、それを自己主張と捉えている人が結構います。意見をいうことと、自己主張って、全く違います!

 自分の意見を言葉にしても、多くのアメリカ人は周囲を気遣い、その場に相応しい発言をする場合がほとんどです。挑戦的に自分の言いたいことを一方的に発言することは、歓迎されるものではないんです。しかし、日本でよく言われる、「アメリカでは自分の主張をしないとバカと思われる」ということを間違えて捉えて、ムダにワガママに攻撃的に自分の意見を言ってしまう人も少なくありません。

 例えばこんなことがありました。何人かの女性で食事にいくことになったのですが、そのうちの一人が、ベジタリアンだったので、野菜料理があるところを皆で選ぶことにしました。そうしたらそこで一人の女性が「サラダだったらどこでもあるんだから、ワガママ言うべきじゃないでしょう?」と怒り出したんです。「せっかくお金を使える久しぶりの食事で、みんなが楽しみにしていたステーキハウスで肉を食べられないなんてあり得ない」と。

 すぐさまベジタリアンの友人が「そうね、私のために気遣いしてもらうのは申し訳ないので、どこでもいいです」と折れたのでした。別に彼女以外の人間は「ステーキハウスがいい」とは一言も言っていなかったため、ちょっと嫌な空気が流れつつも、その場は丸く収まったのですが、帰り際にその彼女が言った一言は強烈でした。

 「まったく。野菜料理しかダメみたいな雰囲気作ってワガママよね、あの子。アメリカ流に自己主張してよかったわ。これでステーキが食べられる!」……この言葉を聞いて、一番怒っていたのは、唯一その場にいた日本語に堪能なアメリカ人の女性でした。私もあまりにビックリして、声が出ませんでしたが、彼女は非常に残念がってこう言っていました。「ひどい勘違いよね。日本人は、アメリカ人を全員ワガママと思っているのかしら?

勘違い2:アメリカ人は「ごめんなさい」と言わない

 これもかなりある勘違いです。アメリカでは「I am sorry」と言ったら負けというように聞いて、絶対何があっても、「ごめんなさい」の一言を言わない人がいますが、「ごめんなさい」や「ありがとう」をきちんと言葉に出来ない人は、嫌われます。

 「I am sorry」は単体でムダに連呼すれば自分の非を全面的に認めることにつながりますが、自分に非がない場合でも「あなたがそういう誤解をしてしまった部分は申し訳ない」とか「あなたの思うように協力できなかったことは申し訳なかった」など、相手に寄り添う際に出る「ごめんなさい」は、普通にみんな使います。

 何か不都合なことが生じた場合に、大人な対応をするのは、最低限のマナーだと思うのですが、残念なことに時々絶対自分が正しいことを前提にしてしまう日本人を見かけます。何か問題が起こる時というのは、どちらか一方が、100%悪いなんてことはないはず。だからこそ、起こった出来事の非を認める認めないは別として、起こっていることを解決するための寄り添いは、とても重要だと思うんです。

 何度か「どうして謝らないのか?」と質問する場面に出くわしたこともありますが、理由を聞くと大抵かえってくるのは「だって、アメリカではゴメンは禁句でしょう?」というような言葉。それは間違いなので、正す方がいいと思います。

勘違い3:日本は世界から尊敬されていると思っている

 日本の文化は尊敬されていて、素晴らしいと思われていることを前提にしてしまうと、ドン引きされることもあります。日本のテレビなどを見ていると「世界が尊敬する素晴らしい日本」というような言葉を使って、日本の文化を紹介していることがたまにありますが、アメリカ人のほとんどは、日本と中国、韓国の差が分からないと思った方がいいと思います。どうかそれをがっかりしないでください。

 例えば日本人のどのくらいの人が、ハンガリーとチェコ、オーストリアの違いが分かるでしょうか? あなたは明確に、テキサス州とアラバマ州の違いが分かるでしょうか? それとまったく同じです。

 確かに車や家電など、日本製品は素晴らしいと思っている人は多いと思うし、日本好きのアメリカ人の中には、私たち以上に日本のことに詳しい人も大勢います。しかしそれはマジョリティではありません。

 一回知り合いが日本に帰国した際に、輪島漆のお箸を義理のお姉さんにおみやげに購入したことがありました。そうしたらその義姉のお姉さんが「これ、ダイソーで購入したのにそっくり!」と言ったそうで、そのことをとても憤慨して「なんて無知な人なんだろう!」と怒っていました。彼女の気持ちはよくわかります。ダイソーのお箸は一脚3ドル。おみやげの輪島塗は2脚で1万円。けれど、その価値を知らない人にとっては、ダイソーも輪島塗も、差は分からないのです。怒るよりもすべきは、その価値を共有してあげることなんだと思います。文化的に価値があることを説明してあげたら、大抵の人は喜んでその説明を聞いて、もっと日本を知ろうとしてくれるはずです。

 ニューヨークとかロサンゼルスとか、日本人が特別多いような都市では日本の素晴らしい文化もある程度知っている人はいると思うのですが、地方都市では同じようにはいきません。「素晴らしい日本」を理解しない人を、たまに「田舎者」とか「無知」というように見下すような日本人にも出会うことがありますが、それもかなり失礼なのでやめた方がいいと思います。

 今回はちょっと日本人にとっては耳が痛いことも書きました。もちろん私の個人的見解がかなり含まれてはいます。けれど、アメリカで生活する上では知っていたほうがいいことなので、参考にしていただければと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事