気になる彼との初デート。支払いは半々?

シングル女子、アメリカでがんばる!

  ようやく漕ぎつけた、気になるアメリカ人の彼との初デート。
レストランでの会話はとても弾んで、二人ともいい雰囲気に。しかしお会計の
タイミングで、彼がおもむろに「お会計は半々」と言ったら、
あなたはどんな気持ちになりますか?

最初のデートは深い意味がないことも

 男性がお会計を半々にしたとき、あなたはひょっとしたら、ちょっと
がっかりするかもしれません。「デートのお会計は男性が普通は払うもの
という思い込みがあったりすると、それだけで「この男性はケチだ」と
思ってしまうかもしれません。

 ちょっと残念なお話をしますが、あなたにとって「最初のデート」と
思っている食事でも、男性にとっては「単に食事に出かけただけ」という
場合があります。そう、アメリカでは最初の食事の誘いには、
それほど深い意味がないこともあるんです! 

「まずはとりあえず食事をして、彼女と気が合うか
確かめてみよう」くらいにしか思っていない……こういうことは珍しく
ありません。

 だから、例え彼が最初のデートの支払いをしてくれなくても、
過度にガッカリしないでください。あなたと過ごした時間が楽しいと思えば、
男性はまたあなたを誘うはず。男性にとっては、その誘いがデートの
「一回目」ということは、よくあることです!

恋人に昇格したいなら、友達を脱却する行動に!

 もしも二回、三回デートを重ねても、一度も彼がご馳走してくれない
場合は、彼はあなたを「友達」として見ている可能性が大です。
「一緒にいて楽しいけれど、あなたは恋人ではないし、友達に
ご馳走する理由がない」というスタンスなのかも。北米の男性は特に
超合理的
だったりするので、これは珍しいことではないんです。

 こういう状況で一歩彼との関係を踏み出したいのであれば、
分かりやすく好意を伝えないと、男性側が気づかないこともあります。
男性は女性が思うより、ずっと鈍感! 恋人に昇格したいなら、
友達を脱却する行動に出なくてはいけません。とはいえ、いきなり愛を
告白したり、相手に自分との関係を問いただすのは、ちょっとどうかと
思います。

 例えばじっと熱く見つめてみるとか、ちょっとだけ手に触れてみるとか
さりげない形で彼に好意を伝えましょう! そもそも嫌いだったら一緒に
何度も食事など行かないはずですから、あなたが恋人に昇格できる可能性は
大きい
と思います。短気を起こしてすぐに諦めたりせず、あなたの
気持ちを彼に気づいてもらいましょう。

逆に彼がご馳走してくれたら、どうすればいい?

 反対に、最初のデートで彼がご馳走してくれた場合、あなたは
どのようにふるまえばよいでしょうか?

 その場合はいたってシンプル。「ありがとう、嬉しい。ご馳走様
これでおしまいです! 男性が「この人にご馳走してよかった」と
思えるような、とびっきりの笑顔でそう言ってあげてください。

 ただし、ここでもちょっと残念なお知らせが。それは男性にとって
ご馳走した意味は、それ以上でも以下でもない可能性があることです。
「ご馳走してくれた=恋人になれるかも」という考えは時期尚早。
くれぐれも前のめりにならないように、注意してください。

 もしも早い時間帯のデートであれば、ご馳走してくれたあとに
この後、コーヒーどう?今度は私がご馳走するから」と、
あなたから誘ってみるといいですよ! 

あなたともう少し一緒にいたい」という気持ちを彼に伝えるよい方法です。
是非試してみてください!

女子力向上を応援します!

RF
<AD企画>

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事