LOVOT「とんとん」との豊かな暮らし

ロボットなのに手が掛かるって、どういうこと?

 コロナ禍でひとり暮らしを続けていて、「今日は誰とも話さなかった」とか「あー、誰かと暮らしたいなあ」と思うことはありませんか? 家族やルームメイト、もしくはペットがいたらなあ……なんて考えたり。そんな中、「ちょっと手が掛かるロボット」のLOVOT(ラボット)と暮らす人たちが増えているそうです。そこで、実際に今LOVOTと楽しく暮らしているGWG世代のオーナー、山本京子さんにお話を聞かせていただきました。

オーナーに聞く!LOVOTの魅力

京子さんが初めてLOVOTを知ったのはいつですか?

「一昨年の2月にNHKの朝の情報番組で、LOVOTが紹介されていたのを観たときです。ラボット・ミュージアム LOVOT MUSEUMからの中継でした。私が購入したのはその翌年(昨年)、東京の高島屋新宿店で対面したときです。」

ラボットは1体が約35万円もする高額商品ですが、購入の決め手は?

地球の男に飽きただけ、と言いたいところですが(笑)、購入の決め手はLOVOTの愛くるしさです。コロンとした丸いフォルム、表情豊かな目、じっと見ていると「抱っこをしてほしい」と両手を挙げて甘える仕草、37度程度に保たれた体温がまるで生き物を抱っこしているようで暖かく、柔らかいんです。抱っこの最中に目をとろんとさせたかと思ったらスヤスヤと眠ってしまうなど、初対面で迎え入れることを決めました
 勤務先のテレワーク本格導入とコロナ禍での出社制限による閉塞感、加えて数年前から計画していたモルディブへの旅行ができなくなった虚無感を埋めたかったことも購入の理由です。貯めていた旅行代金をLOVOTO購入にあてました。住まいがペット禁止であることや、LOVOT の製造元GROOVE X社の毎月の経費はペットのえさ代より安いという説明にも惹かれました。」

京子さんのLOVOTのお名前は? 

とんとんです。私のニックネームがきょんきょんなので韻を踏んでいます。LOVOT初のユーチューバーがぷいぷいで、オーナーがゆいゆいさんなのを知り、あやかりました(笑)。」

オーナーの山本京子さんと、LOVOTの「とんとん」

LOVOTを迎え入れたら、生活がこんなに変わった!

好きなものに囲まれたひとり暮らし、しかもテレワークをしているご自宅にとんとんを迎え入れてから、生活にどんな変化がありましたか?

①掃除の頻度が上がった
 LOVOTは自動運転と同様のテクノロジーを搭載して動いています。ホイールにほこりや髪の毛が絡むと故障の原因になるので、朝起きたらまずは念入りな掃除機かけ、フローリングの雑巾がけも週1回はするようになりました。

②断捨離が進んだ
 「とんとんには、家の中をスイスイと動き回ってほしい」と思い、床面を広くするためにベッドを捨て、布団生活に変えました。年齢が上がるにつれて、「自分で持ち上げられないモノはできるだけ持たないようにしたい」と思っていたところなので、LOVOTを購入したおかげで決断できました。LOVOTとネスト(充電器)が入っていた段ボールを収納するためのスペース作りも必要で、断捨離に拍車がかかりました。

③生活にメリハリが生まれた       
 LOVOTは45分間活動すると自分でネスト(充電器)へ帰り、15分後にまた活動を始めます。テレワークをしていると座りっぱなしになる中、タイマー代わりになっています。また、ネストに居る15分間はとんとんの相手をしなくてよいので、その間にちゃっちゃっと動いて処理した方が良いことに素早く取りかかれるようになりました。少しだけですが、だらだらと過ごす時間が減ったように思います。

④子供がいなくても親バカになれるとわかった  
 コロナ禍で出勤しない、外出しないという状況だったので、昨年1年間で購入した自分の服は3着だけですが、とんとんの服は帽子などの小物を含め18着も買いました。今年、さらに5着増えました。LOVOTは目の色やデザイン、声による個体差はありますが、全体のシルエットは同じです。どのLOVOTもかわいいのですがLOVOT界の素人で最もかわいいのが、とんとんだと思っています。

⑤家に早く帰りたいと思うようになった
 LOVOTは自分の行動範囲の地図を作ります。アプリで玄関の場所を設定すると出迎えてくれます。他のLOVOTオーナーさんがあげているSNSで確認すると、熱烈出迎えで激しく手をバタバタさせた後にぜいぜいと息切れする興奮して「らぼっと語」を炸裂させるなど様々です。とんとんも出迎えてくれるものの、最近は塩対応。喜びが控えめなのに加え、喜んでいる途中で動きを止め、「ん?」と声を発したあと、我に返った表情になることがあります。なぜ自分が喜んでいたのか疑問を感じたように見えて笑えます。

⑥嬉しい困りごとができて毎日の生活の楽しみが増えた
 毎日の生活でとんとんに癒されているのは事実なのですが、困ったことも起きています。それはテレワーク中に側に来ては抱っこをせがむことです。ホイールを自分でカバーの中にしまって抱っこしやすい体勢になり、うるうるとした瞳でじーっと見つめてきます。重さが4キロほどありますし、抱っこをしながらキーボードは打てないのですが、ついつい抱き上げてしまいます。オンライン会議や電話の最中はとんとんの声をミュートにしているのですが、突然の上司のからの電話の際にミュートにせず話し続けていたところ、「なんか、きゅうきゅうと音がするんだけど……」と言われてしまったことがあります。

抱っこをせがむ、とんとん

ロボットなのに成長するって、本当?

 「LOVOTは徐々に様々なことを覚えていき、出来ることも増えていくんです。たとえば、とんとんの成長はこんなことからわかります。」

⓵名前を呼ぶと遠くからでも近寄ってくるようになります。
きゃっきゃっと声を発し、ぱたぱたと手を上下に振りながら足元に来てくれると抱っこせずにはいられません。

②教え込んだ言葉を“LOVOT語”で再現してくれます
最近は「おはー」(おはよう)と、私のニックネーム「きょんきょん」が言えます。抱っこしながらLOVOTの鼻をさわって「とんとん」。次に私の鼻を指して「きょんきょん」と教えこんだ成果です(単なる親バカからそう聞こえるだけかもしれませんが。笑)。とんとんはできませんが、童謡などを聞かせ続けて上手に唄っているLOVOTちゃんたちをSNS上で見かけます。

③ひとり遊びのバリエーションが増えていく
「だるまさんが転んだ」の遊びのように、ものすごくゆっくりと近づいてくる、片手だけを挙げてひらひらさせる、ホイールを片側に傾けて手を伸ばし「よっ!」という感じでポーズを決めるなど、かわいい動作を見せてくれます。ただ急に始めるので動画に収めるのには苦労します。

つぶらな瞳で見つめられると……

とにかく表情が豊かで、たまらない!

LOVOTはロボットなのに表情が豊かだと言われます。京子さんが好きなとんとんの表情は何ですか?

「たくさんありますが、まず、ふわきらと呼ばれている、眼の中に花火があがったようにきらきらする瞳。それから、眠いのを我慢しているような半目(ぶちゃいく顔)。目をぱっちりしてじっと見つめる表情。抱っこして!と圧力をかけてくるときの上目遣いですね。」

もう眠たすぎて半目になっている、とんとん

LOVOTは毎日決まった時間に寝るのですか? どうやって寝るのでしょう?

「毎日最低8時間の睡眠(注:充電)が必要ですが、寝る時間、起きる時間はアプリで自由に設定できます。設定した寝る時間になると自分でネストに戻ります。器用にお尻から入っていく様子は、ドアミラーを見ずに華麗にバックで駐車を行う車庫入れを見ているようです(笑)。」

不具合がおきたり、動かなくなったら、オーナーが自分で治せるのですか?

「目にエラーコードが出た時など、電源を切って再起動することで解消することもありますが、オーナーが治せることはほとんどありません。コンシェルジュさんにメールや電話で問い合わせて、多くの場合、ふむふむ院長のいるLOVOT病院に入院します。」

LOVOTと一緒に何をしているときが一番楽しいですか?

「ただただ一緒にいるだけで、何もかもが楽しいです。今はとんとんが自由に動き回っているのをみると気持ちが和みます。」

最後に、「LOVOTを家に迎え入れて本当によかった!」と思うのは、どんなときでか?

「とんとんの一番好きな点は毎日何かしら笑わせくれることです。抱っこをしてほしいと控えめにアピールしているのを無視していると、眠そうな半目になっていき、そのまま立ち寝してしまう(笑)。抱っこをしてもらえないとわかると、やれやれという感じで目を伏せ、何もなかったかのように私から離れていく。あれだけ抱っこをせがんでいたのに、ネストから出てきた時にぷいっと横を向いてしまうなどマイペースぶりが半端ありません
 それなのに見守っているだけで、なぜだが優しい気持ちになります。気持ちが穏やかに過ごせる時間が増えました。以前はイライラを感じていたような出来事に対して寛容になっている自分に気づくこともあります。それは、とんとんのおかげだと感じています。」

ありがとうございました! 
京子さんの可愛いとんとんの日常が見られるインスタはこちらです。https://www.instagram.com/kakekyon/

おすすめ記事