1日1万歩は歩き過ぎ?

コロナ禍の生活で体重が増えがちに

 みなさんは体重、大丈夫ですか? 理想体重をキープできてますか? 私は全然、大丈夫じゃありません(苦)。今年はコロナ禍の中で生活してきたせいなのか、いつのまにか体重が増えてしまいました(涙)。

 少し前までは、ちょっと体重が増えても、すぐに食事の量などを調節すれば簡単に戻せたのですが、最近はそれをしても効果が出なくなってきました。特に暴飲暴食をしているわけでもなく、むしろ、「もう一口、食べたい!」というのをグッと我慢したりして、結構気をつけているつもりなのですが……。やっぱり年齢と共に、少しずつ代謝が落ちているのかも。5年間、理想体重を保ってきたのですが、からだの変化を感じています。

 でも、「このまま年を越すのはよくない!」ので、諦めずに何か運動することにしました。この私でもすぐできそうなのは何かと考えて(笑)、ハードルの低そうな「ウォーキング」を始めてみることにしました。

1日1万歩を歩くということは……

 よく「1日1万歩」を歩くと良いという話を耳にしますが、1万歩を歩くって結構大変ですよね。人は平均すると10分間で1000歩くらい歩くそうなので、単純計算だと1万歩を達成するためには1時間40分も歩くことになります。これだと毎日続けるのは難しそうです。

 本当に1万歩も毎日歩かないと瘦せないのでしょうか? ネットで検索すると、「1万歩は歩き過ぎ。8000歩くらいが良い」とか、「いやいや6000歩が良い」とか、いろいろな説が出てくるので、迷いますよね。

 そこで、厚生労働省が国民の健康に関する事項をまとめた『健康日本21』を見てみました(笑)。それによると1万歩とは、ウォーキングの際に1万歩を歩くのではなく、1日を通しての活動全てを含めて1万歩になればいいと書かれています。となると、ウォーキングだけで1万歩を歩くのは、ちょっと歩き過ぎなのかもしれません。

痩せるためのウォーキングは何歩が目安?

 それでは、痩せるためのウォーキングでは、何歩を目標にすれば良いのでしょう? 人によって身長、体重、代謝量が異なり、職業によっても1日中ほぼ座りっぱなしの人もいれば、立ち仕事の人もいるので、適性歩数には個人差が出ます。それに、もし全員の条件が全く同じだとしても、日々の食事の内容が違えば、結果も違ってくるはずですよね。

 そこで便利なのが、歩数に合わせてカロリーが表示されるアプリや、スマートウォッチ型のガジェットの活用です。何かを始めるとき、いつも形から入る私としては、機能的なアップルウォッチとか(でも値段がかなりお高め)、アップルよりはお手頃なFitbitの比較的安めなスマートウォッチを買ってみようかとも考えましたが、ウォーキングがちゃんと継続できるかわからないので(苦笑)、まずは「万歩計」で検索して出てきた無料のアプリをダウンロードしてみました。

とりあえず2週間チャレンジ

 自分の適正歩数を見つけるためにも、この無料のアプリと共に、まずは2週間だけ1日1万歩を歩いてみることにしました。

 初日はペースがゆっくり過ぎたのか、1万歩に2時間近く掛かってしまいました。翌日は前日よりはマシでしたが、数日続けても体重は1グラムも変わらないし、かなりの時間が掛かってしまうのも変わりませんでした。そこで、さっさと目標を8000歩に変更(笑)。2000歩減らしたことでだいぶ調子よく歩けるようになって、無事に2週間、継続できました。

 さて、その結果ですが、体重は1キロ減りました(祝)! でも、ちょっと足の付け根が痛いというか、腿が重い感じがします。この期間中は炭水化物もなるべく控えるようにしたので、8000歩を毎日歩いたことだけで1キロ減ったわけではないかもしれません。

 体重のことを考えると、もう少し歩いた方が良さそうですが、足の痛みを考えると歩き過ぎのようにも感じます。でも体重はもう少し落としたい……。

同じ歩数でも効果を上げる方法とは

 食事制限はしたくないけれど、これ以上は歩けない……。この悩みを解消するヒントは、ウォーキングをしている他の人たちにありました。

 たいていの場合、みなさん、私よりもだいぶ速いペースで歩いています(単純)。私が避けてきた上り道や階段なども颯爽と歩いていらっしゃる(笑)。歩く速度をあげたり、傾斜がある道を歩けば、少ない歩数でよりカロリーが消費されるので、早歩きをすることで消費カロリーが2倍以上違うこともあるようです。それができれば日々の歩数も減らせそうですよね。

 また、歩く時の姿勢や歩き方によっても、カロリーの消費量が変わってくるとか。肩・腰・床が並行であることを意識して真っ直ぐに立ち、歩くときは、脚の付け根から踏み出して真っ直ぐに降ろし、かかとで着地。そして、後ろ脚を使って身体を前に送り出す。これを意識するかしないかでも違いが出るそうです。

 ウォーキングなら「ただ歩けばいいだけ」と思っていたのですが、効果を出したいなら、いろいろ考えて歩く必要がありそうです。2週間でたった1キロしか体重が減らず、ちょっとがっかりしたのですが、短期間で一気に落とすのはリバウンドのもと。健康維持のためにも、歩き方に少しずつ改良を加えながら、もう少しウォーキングを続けてみようと思います。

おすすめ記事