お金の計算より、はるかに大事なこと

 読者からの質問:どうしても解約するなら、どちらを選ぶべき?

 50歳の主婦(パート)、子供は二人とも高校生です。夫が昨年コロナにかかり、その後遺症がひどくて働けなくなりました。夫は後遺症から鬱になってしまって、いつ治るのかはわかりません。生活のためにお金が必要なので、親戚中に借金のお願いをしましたが、みんなも同様に大変で借りられませんでした。消費者金融からは借りたくないので、子供の学資の積立か、私が若い時から続けている自分の生命保険の積立のどちらかを解約するしかないと思っています。どちらを解約すべきでしょうか?

こんな時こそ、人にしがみついたらあかん

コロナの後遺症で働けなくなる。
そんなことがあるんや。

かわいそうに。
びっくりしたなあ。

そんでご主人、鬱にならはったんか。
大変やなあ。

お母ちゃんである、あなたが必死に支えてるんやな。

えらい。
えらいよ。

子供は高校生二人。
これから一番お金のかかる時や。

これからのこと考えると恐ろしいて、眠れへん時もあるやろう。

でもな。
これがずっと続くわけやないねん。

人生の中で、訪れる、“最悪のシーン”。
ってことは、
これからあがる一方や。

これが底なんや。

あなたに一番大事なのは
信じること。

ここから絶対、再起できる。
自分たちは幸せになれる。

そう信じて明るくいること。

無用な妄想を広がらせて、周囲に苦しさやしんどさを
撒き散らしたらあかん。

めちゃ難しいけど。
できるか?

こんな時こそ、人にしがみついたらあかん。

人に優しく、明るく、手を差し伸べるんや。
ゴミをひろて、
お賽銭あげて
人に親切にする。

やってや。

崩すべきは学資保険か、生命保険か?

一方で冷静にこれからの生活の算段も考えなあかんな。

学資保険
生命保険の積立

あるお金、使わなあかんやろ。
どっちが利率がいいもんなん?

私やったら条件調べて、利率が低い方から解約するやろな。

どっちか、なんていうてられへんかもしれへん。
初めからどっちも解約する覚悟もしといた方が、気が楽かもしれへん。

でも、まだ解約する、使えるお金があるんや。
ちゃんと溜めてて偉い
こんな時や、使い、使い。

それが尽きたら

子供らには、お父ちゃんの状況、家の状況を伝えて、
バイトとかしてもらうこともあるやろな。

進学希望やったら
大学は奨学金とか自分らで調べさせや。
入学後の成績がようないともらえへんところが多い。

その辺も覚悟してもらわなあかん。

ご主人の保険、ご主人の会社からお金貸してもらえへんか調べてみてや。
自治体でコロナ障がいのための特別給付とかないのかも聞いてみてや。

消費者金融は
どこいっても貸してもらえへん人のためにあるねん。
明るい顔して、最悪の最悪の状況も考える。

お金借りて、返せへんかったら、破産っていう手もある。
まっとうに生きて、働いて、やるだけやってそれやったら
しゃあないやん。

破産するのも、弁護士頼むお金はいるけどな。

周りで
「実は破産しましてん」
って幸せに生きていたはる人、めっちゃいるで。

大丈夫、生きていける。

鬱は辛い。でも前を向いて

鬱は辛いねん。
頭ん中、最悪の最悪がずーっと続くことしか考えられへん中に
ご主人はいはると思う。

でも、
「笑って生きていけるよ」

そうあなたが笑ってくれたら、
ご主人は、ほんま、涙出るほど嬉しいと思うねん。

真っ暗な心の中に、花が咲く。

私は10年前、2度目の鬱にかかっててん。
しかも、夫も鬱やった。

二人とも一生、働けへんと思った。

「絶対、将来は浮浪者になる」
そうおもててん。

めちゃくちゃ真面目に
人に意地悪もせんと生きてきたのに

その結果がこれか、と悔しかった。
情けなかった。

スーパーでレジ打ちしてる友達が、心底羨ましかった。

私に心から笑える日は
もう2度と訪れない。

そうすべてを諦めた。

それから10年後

それが今の私や。

大丈夫や
大丈夫や
大丈夫や

応援してるで

前向いて
明るい顔して
喜んで働いてな

あなたたち家族に手を差し伸べてくれる人が
きっと現れる。

ご主人はきっと良くなる。
あなたたち家族もこれからきっと良くなる。

信じてや。

明るく信じることは、お金の計算することより
はるかに大事で、効果のあることなんやで。

【なかまつ小百合先生への質問募集】
 お金の話はなかなか人には相談しにくいもの……。でも、老後の蓄えや貯蓄額など、お金の不安を抱えている人は多いはず。そんな「あなたのお金にかかわる悩み」を小百合先生に相談したい方は、編集部へ質問をご送付ください。質問は匿名でもお受けします。選ばれた質問は誌面にて先生にご回答いただきます。

質問の送り先はこちら。https://www.gowomengo.press/contact

おすすめ記事