やりたいことがあるなら、今やろう!「世界一周、親子旅」#06

コロンビアを旅立ち、ペルーを目指す

 こんにちは!家族4人で世界一周旅を続けているMimiです。半年間、滞在していたコロンビアを出国し、ついに世界旅の第6カ国目、ペルーに入国しました。現在は、ペルー中西部アンデス山脈の麓にあるワラスという街に滞在しています。前回の記事から1カ月、目まぐるしく日々が過ぎ、予想外のハプニングに見舞われながらも、やっとペルーに降り立つことができ、ホッと胸を撫で下ろしたところです。

キャンピングカーをコロンビアに置いて、いざ、次の国ペルーへ!

出発直前の空港でまさかのUターン

 本来ならキャンピングカー旅を継続したいところですが、待てど暮らせどエクアドルの陸路国境が開きません。コロンビアの滞在も約半年が経ち、観光ビザの期限も迫っていたため、一旦キャンピングカー旅を中断し、バックパッカーでペルーを旅することにしました。幸いなことに、キャンピングカーはホスト先の敷地内に置かせていただけることになりました。コロンビアで安心して車を置ける場所が見つかったのは本当にありがたいことです。そして、とうとう2カ月滞在していたサレントを離れ、いざペルーへと向かうはずだったのですが……。

 出国前のコロナ抗原検査で、夫だけPOSITIVO!!まさかまさかの陽性が出てしまったんです(泣)。私と息子たちは陰性。一瞬、頭が真っ白になりました……。

 ペルーの入国規制は厳しく、ペルーへの直行便の出発前72時間以内のPCR検査または出発前24時間以内の抗原検査の陰性証明書が必要ということで、私たちは費用や検査結果が早く出ることから抗原検査を選択しました。ペルーは、新型コロナウィルスによる人口あたりの死亡率が世界最悪で、ペルー発祥の変異種ラムダ株も南米で拡大してきており、規制がさらに厳しくなっているようでした。

 抗原検査の場合、出発前の24時間以内と制限が厳しいため、出発当日の早朝に検査を受けるしか選択肢がありません。そんな余裕がない中で、夫に陽性反応。その陽性だというメールを空港で受け取ったのが、出発時間のなんと4時間半前! すぐに航空会社に夫の航空券を変更しようと話に行ったところ、濃厚接触者ということで私と息子たちも飛行機に乗せてもらえず……。結局、家族4人分のチケットを捨てるハメになってしまいました(泣)! 物々しい雰囲気のなか、空港職員や警察官、衛生管理者など5〜6人に囲まれ、パスポート情報や連絡先、滞在場所、発症時期など細かく聴取されました。すぐに滞在していた場所へ戻るよう指示され、2週間の自主隔離を余儀なくされました……。

異国での体調管理の重要さ

 実は遡ること7月上旬。サレント滞在中に、夫婦ともに体調を崩したことがありました。普通の風邪のような感じで、3〜4日で自然治癒。息子たちはうつることなく元気に過ごしていました。コロンビアは南米の中でも新規感染者数や死者数も多いのですが、滞在していたサレントは小さな街でしたが、土日はコロナ禍とは思えない大変な賑わいでした。そのため土日はなるべく街に出るのを避けてはいたものの、おそらく街でウィルスをもらってきてしてしまったのだと思います。でも発症から2週間以上は経過していましたし、症状もなかったため、検査も大丈夫だろうとペルー行きの日程を決めたのですが、まだ体内にウィルスは残っていたようです。もっと期間を空けるべきだったと夫婦ともに反省しました。

 見知らぬ土地、しかも異国で、子どもを連れて検査できる病院を探すだけでも一日ががりです。限られた時間内で航空券を購入し、万が一、陽性だった場合のリスケジュールも一苦労。家族4人の体調管理や、常に最新の情報を得なければならないことなど、コロナ禍で親子旅をすることがこんなにも大変なのかと思い知らされました。私たちの意志で旅を継続しているとは言え、早く自由に旅できる日が来ることを願うばかりです。

ウィルス陽性反応から隔離期間を経て、飛行機でペルーに入国! ワラスの街に到着(右下)。

私たちの世界旅、第6ヵ国目ペルーへ

 長い隔離期間を経て、夫も無事に陰性に。諦めかけていた航空券も奇跡的に航空会社が発券してくれたので、コロンビアの観光ビザがギリギリ切れる前になんとか出国! やっとペルーへ入国することができました。

 最初にやってきたのはペルー中西部にある標高3,090mの街、ワラス。ペルー最高峰のワスカラン山(6,768m)を始め、氷河をまとった5,000m級、6,000m級の山々がそびえ立つ、トレッカーにとっては聖地のような場所。南米のスイスとも言われています。アンデスの大自然はもちろんのこと、独特の山高帽にカラフルな民族衣装を着た先住民が今なお多く住んでおり、ペルーの伝統や暮らしを垣間見られる興味深い街でもあります。

 トレッキングのベストシーズンは、乾季の5〜9月。我が家も家族でトレッキングを楽しむため、この街にやってきたのです! 早速、高地順応も兼ねて、ワラスからすぐアクセスできる小さな山へトレッキングし、準備万端。いざ親子で本格的なトレッキングへ! どんな素晴らしい絶景に出会えるか楽しみです。

 私たちの旅は、まだまだ続きます。次回はトレッキングの様子やワラスの街をお届けしていきます。お楽しみに!

ペルーに到着して早速トレッキングを楽しむミミさん一家。素晴らしい絶景と元気な4人!

おすすめ記事