安心できる老後のために、今からできることは何?

読者からの相談:50代半ばの夫婦が老後のために今からできることは?

 私は53歳、夫は55歳で、子供がいません。子供がいないことの穴埋めなのでしょうか、夫婦合わせた年収は約1000万円ありますが、貯金は1000万円しかありません。どちらかと言うと夫婦揃って浪費家なのだと思います。お金があれば旅行や食事や買い物などに使っていて、子ども食堂や児童施設などへの寄付もいろいろしています。所有している一戸建てや車を含めて大きなローンはありません。でも貯金以外に特に何もしておらず、これでは老後が心配だと思い始めました。私たちのような夫婦が、お金的に安心できる老後を送るためには、まずどういうことから始めたら良いのかアドバイスをください。よろしくお願いします。

やっぱり投資やな

ええなあ。楽しそうや。
浪費家って、いうてるけど、
旅行や食事、買い物なんて、普通の消費やないか。

ブランドもんいっぱい買ったり、競馬やパチンコにつぎ込んでるわけやないやろ。

その上、子ども食堂や、児童施設に寄付したりして、
そんなん、誰でもできるわけやない。

優しい気持ちのご夫婦なんやな。

大きなローンはもうなくて
その上で貯金1000万円やん。
えらいわ。

国は「60歳で2000万円の貯金を」って言うてるけど、そんな基準、みんなが合わせられるわけやない。
暮らし方によっては、2000万円あっても足りひん人もいるやろう。

さて、何からしよか。

やっぱり投資やな。

投資したことないんやったら、積立投資からが良いと思う。

投資はテキトーに始めたらあかん!

貴女は53歳、旦那さんは55歳なんやな。
夫婦共稼ぎやと読んだんやけど、いつまで働けるんやろ?
あと10年くらいは働けるんやろか?

二人合わせて年収1000万円なら、二人で10万円ずつ積立投信することは可能やろか?

それなら月10万円、1年で120万円、10年で1200万円の原資がつぎ込める。

投資信託で運用するから、もちろん上がり下がりはあるやろけど、
かなりの確率で、この1200万円が大きな含み益をもたらすことになるんとちゃうかな。

買い付け手数料がノーロード(0のもの)で、投資信託のランニングコストである信託報酬が、0.1以下のインデックス(S &P500などの“指数”をもとにしたもの)投信がええやろな。

ただ、それが終盤、大きな相場の下げと出会うこともあるねん。

そら、景気の循環やから、その可能性はゼロではない。

そしたら、積み立ててた投資信託は、もろくも半額になったりする。

ここが、めちゃめちゃ大事なとこなんやけど。

めちゃ下がった時、がっくりして売ったらあかんで!!
絶対にあかん!

めちゃ下がった時こそ、大チャンスなんや! 貯金崩して買い足すんや!

それは結構、覚悟のいることやねん。

そやからこそ、積立する投資信託は、自分が「これや!」って思う、
ピカイチの選ぶんやで!!

そやから、投資はテキトーに始めたらあかん!

しっかり学んでな!

しっかり学んでやりなはれ

しっかり学んでする投資は、めちゃ楽しいねん。

自己肯定感が上がるねん。

そやなあ、そうなったら投資は、

生涯の趣味であり、

生涯の友であり、

生涯の副業でもあるわな。

お金のお作法トキメキ投資教室

【なかまつ小百合先生への質問募集】
 お金の話はなかなか人には相談しにくいもの……。でも、老後の蓄えや貯蓄額など、お金の不安を抱えている人は多いはず。そんな「あなたのお金にかかわる悩み」を小百合先生に相談したい方は、編集部へ質問をご送付ください。質問は匿名でもお受けします。選ばれた質問は誌面にて先生にご回答いただきます。

質問の送り先はこちら。https://www.gowomengo.press/contact

なかまつ先生からのお知らせ:

どこからでもご参加いただけるオンライン・セミナーを開催します。ご興味のある方は下記のリンクからお申し込みください。

トキメキ投資オンライン・セミナー

おすすめ記事