一緒に朝を迎えたあと、オトコが態度を変える理由

ベッドを共にしたら、彼の気持ちが離れてしまいました

 ニック先生、こんにちは。埼玉出身の加奈子、45歳です。本当に恥ずかしいお話なのですが、こんな年齢になっても、恋愛では毎回同じ失敗を繰り返しています。私は恐らく男性とベッドを共にするタイミングを間違えてしまうのだと感じています。いつも一度寝てしまうと、相手の男性が急に素っ気なくなってしまうんです。

 デートしている時は楽しくて、すごく盛り上がるのに、「ようやく彼と身も心も繋がった」から二人の関係をもう少し先に進めたいと思うと、そこから関係が微妙になってしまうのです。私から連絡しても何だか素っ気なくされて、そのうちに自然消滅ということも結構ありました。

 私は慎重なので、男性と親密になることにも時間をかけます。ですから尻軽オンナだと思われているとは考えにくいのですが、ベッドを共にするたびに同じ目に遭うので、私の女性的な魅力がないからなのかと悩んでいます。私は胸が小さいので、もしかしたら私の身体にガッカリされるのかもしれません。今好きな人はセックス後も一応関係は続いていますが、ベッドを共にするたびに距離が広がって行く気がしていて自信喪失状態です。

結婚とセックス、知らざれるオトコの葛藤

 加奈子さん、お便りをありがとう。私は本誌恋愛班として『婚活ブートキャンプ』、『結婚生活ブートキャンプ』を担当しているグッドイヤー・ジュンコさんと頻繁に会議をしていますが(まもなく2人で新プロジェクトを開始します)、たくさん届く悩みを分析すると、恋愛・婚活・結婚生活を上手くいかせるためには、「男女の差」を出来る限り皆さんに伝えていく必要があると実感しています。

 数ある男女の差異の中でも、セックスの捉え方は最も決定的なもののひとつです。加奈子さんをはじめ、女性が都合の良いオンナにならないためには、この差異を徹底的に知っておく必要があります。

 ハッキリと言います。男女が付き合い始めの初期段階において、男性にとって肉体関係はお互いを知るために必要な「親密な行為」であることは間違いありませんが、それ以上でも以下でもありません。ですから、例えばセックスの先に結婚が見え隠れすると、途端に思考停止に陥ります

 以前私は、『関係が進むと、オトコが突然連絡を絶つ理由』という記事の中で、「男性は、女性に追いかけられるとハイビームの前の鹿になる」という話をしました。詳しくはそこで書きましたが、セックスにおいても同様のことが言えると思うのです。

 肉体関係を持った女性がさらに親密になろうとする時、男性には時間が必要になります。しかし、時間が必要な時に女性がプッシュすれば、男性はそこで固まってしまう。例えば、肉体関係を持つようなった女性が、急速に自分の過去や深刻な問題や胸の内を告白し始めたり、寝ても覚めても夢中で相手を求め合う時期が過ぎて「ふと我に返ったとき」などに、それは起こります。でも、この「ふと我に返る」ことは男性にとっては必要なプロセスでもあり、相手を疎ましく思っているわけではないことが多い。嫌になったから無視するという類の理由ではないことが、ほとんどなのです。

 ところが、思考停止中の男性の姿に不安を覚えると、皮肉なことに今度はそれを見た女性の方が思考停止になってしまうのです。「私が何か悪かったんじゃないか?」、「どうして彼は黙ってしまったのか?」と不安になり、その結果、男性を問い詰めてしまう。そしてオトコはハイビームの前の鹿状態になって、さらに固まってしまう……。みなさんは、この男性特有のメカニズムを徹底的に理解する必要があります。

 そう、男性から愛されるために、女性が最も理解しなければいけないことは、「待つこと」の大切さなのです。

男女の「時間の流れ」の違いと女性の身体のこと

 恋愛において、男性と女性とでは「時間の流れ方」がまったく違います。女性はこと男女関係に関しては、男性よりも時間が流れるスピードがかなり速い場合がほとんどです。女性はこの時間差を理解し、男性を間違ったタイミングでプッシュしないようにすることが大切です。

 特に、その男性との結婚を望むのであれば、男性から「ひとりで考える時間」を奪ってはいけません。女性にとっては辛いことかもしれませんが、男性を信頼し、男性が我に返れる時間の重要さを理解できる女性は、結果的に男性が手放したくない女性になるものなのです。

 また男性の心理上、セックスと結婚の間には大きな葛藤が存在することも併せて理解する必要があります。男性にとってひとりの女性に生涯を捧げることは、他の女性と二度とセックスをしないという覚悟が必要になること。この覚悟は男性にとっては、かなり大きなものです。みなさんと付き合っている期間が長くても、あなたをどんなに愛していても、男性が「結婚」を頭に浮かべるときは、必ずこの覚悟と向き合わねばなりません。そして、その覚悟を決める前に男性は、自分と向き合う時間が必要になることがほとんどです。男性が一見、結婚に逃げ腰になっているように見える時ほど、どうか彼を信じて待ってあげて欲しいと願います。結婚を考える男性が一瞬引きこもってしまって見えるのは、単純に男性の性でしかありません。女性がすべきことは「あたたかく見守ること」であることを覚えておいてください。

 最後に女性の身体のコンプレックスのことですが、男性は自分とのセックスを楽しんでくれる女性を愛おしく思うものです。女性の体型のことをセックスの最中にチェックして、がっかりするようなことはほとんどないので、加奈子さんもどうか安心してください。男性が女性を結婚相手に選ぶとき、女性の胸の大きさで決めるようなことは、ほぼありません(一部の男性はあるかもしれませんが、とても稀です)。ですから、どうかご自身の体型について自信を失わないでください。

 

おすすめ記事