「幸せになれない」恋愛癖を退治する!

恋は、本当に「盲目」です!

 「恋は盲目(Love is blind)」。よく聞く言葉ですよね。辞書で引いてみると「におちると、理性常識を失ってしまうということ」と説明されています。ホント、昔の人は素晴らしい表現を残したものです。恋って、まさにそうなりがちなものですよね。私も夫とは出会って10日で結婚を決めて、2カ月足らずで即婚しましたが、そんな決断は、まさに「恋は盲目」がなせる業。

 このスピード婚、周囲には未だに笑いの種にされたりもしますが、本人たちは大真面目そのものでした。「私たちは真っ逆さまに恋に落ちて、魔が差したまんま結婚しました!」と、毎度自分たちのことを説明していますが、それは本当のことです。「恋は盲目」、そして「結婚は勢い」。さらに言うと、結婚生活は、いかに「魔が差したまんまの状態を努力して保てるか」だとも思います(苦笑。このあたりは結構深いので回を改めてゆっくり説明します)!

 ですから、婚活を一生懸命がんばって、「そろそろ落ち着いて結婚したい!」と思っている女性は、ある程度「恋は盲目」でいて欲しいと思います。カンとか、ピンときたとか。そういう動物的に感じる「この人かも!」っていうような感覚は、大事だと思うのです。

 私は「結婚とは恋に落ちた人とするものではなく、結婚した人と恋に落ちること」だと思います。結婚相手との人生は結婚式がスタートなわけですから、相手と向き合い、相手を知ることについては、焦る必要はないんです。結婚してから一生かけて、恋に落ちる(その人を知っていく)心構えでいることのほうが、ずっと大事。むしろそういう態度でいない限り、結婚生活は上手くいかない……。

 しかし、結婚の手前で「頭の中で、恋に恋してしまう」状況が起きると、相手を真に知る前に、相手を完全に知っているつもりになってしまうということがおきます。そして、これは幸せな結婚を阻害する大きな要因にもなる……。これが今回の主題である「幸せになれない恋愛癖」です。

ピンときたら、受け入れるべき「3つのこと」

 アラフォー、アラフィフの結婚こそ、私はスピード勝負が大事だと思っています。「数年かけて付き合ってから結婚」ということを本気で望んでいるなら別ですが、先にも述べたように私は結婚では「結婚した人と恋に落ち続けることの方が大事」と伝える立場をとっているので、なおさら「即婚」を勧めています。

 しかし、「恋は盲目→結婚は勢い」を実現するには、3つの条件があります。即婚を目指す場合には、欠かせないものです。いいえ、もしも即婚したいのであれば、みなさんはこの3つの現実を受け入れなければいけません(笑)。

即婚したいなら受け売れるべき3つのこと

 これらを言葉にするのは簡単ですが、実はとても難しいことです。理由は、多くの人が、先にあげた「頭の中で恋する」という状況に陥ってしまうためです。

妄想が恋を破滅させる

 これらの3つを受け入れられない状況というのは、何らかの「妄想」が働いている状況だったりします。例えば相手に関しては、「信用してはいけない」類の危険なサインが明らかなのに「本当の彼はXXXXなはずだ」と思い込もうとしてしまう……。確かに、結婚では「結婚した人と恋に落ち続けること」が大事ではあるものの、たとえば最初から「反社会的思想の人」、「借金癖がある人」などを結婚相手に選ぶ理由はありませんよね?

 状況についても同じです。相手の仕事、介護、住んでいる地域など、変えたくてもすぐに変えられないような事柄は受け入れなければなりません。それを「私と結婚したら彼が状況を変えてくれるはず」、「結婚すれば、今の状況は良い方に変化する」という漠然とした妄想が先だってしまったら、上手くいくものもいかなくなりますよね?

 最後の「自分」は一番厄介な問題。ですが、これは話し出すと夜を徹しても話が終わらなくなるので、ここでは省略します。よろしければ私が書いている『パスファインディング(人生の歩き方)』を是非読んでみてください(笑)。

 これらの妄想こそ、みなさんが退治すべき「幸せになれない恋愛癖」の鍵を握るキーワードです。特に結婚については、まずは「相手に対する妄想」を徹底的になくしていく必要があります。これから数回に分けて、その退治法を紹介していきますので、お楽しみに!

パスファインディング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事