スキマニズム

スキニマリズムって、何?

 みなさんはトレンドに敏感ですか? それとも、以前はアンテナを張って新しいことを次々と取り入れていたけれど、最近はちょっと……という感じでしょうか? 

 スキンケアやメイクのトレンドは変化も速く、アラフォー&アラフィフ世代には取り入れるのが難しいものもありますが、今年のトレンドは、私たちにも簡単に取り入れることができそうです。

 『スキニマリズム』という言葉、聞いたことありますか? 語源は、「スキンケア」+「ミニマリズム」です。このトレンドは、過剰なスキンケアやメイクを取り除いて、自然なつや肌を輝かせるというもの。今までは、多くの化粧品を使ってシミ、しわ、肌荒れなどを一生懸命に隠す努力をしてきましたが、これからは無理に隠したりせずに見せていこうというムーブメントです。#skinimalism

 そんなことを言われても……と、ちょっと抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、まったくメイクをしないわけではないので、アイシャドーやリップの使い方を工夫したりすることで、新しい自分を発見できるかもしれません。

これまでのスキンケアを断捨離する

  スキンケアの基本は、洗顔、保湿、紫外線対策。私もこれを基本に必要なものだけをセレクトしています。

 ちなみに私、以前は洗顔→導入液→化粧水→美容液→乳液→アイクリーム→保湿クリームと、洗顔後になんと6品も顔につけておりました。そして、それをつけた後、さらに日焼け止めクリーム→下地クリーム→ファンデーション→コンシーラー→パウダーと5品目をつけるという合計11工程。とにかくシワ、しみ、乾燥による老化が怖くて、良いと言われているものは、すべて塗ってみるというケアでした。

 今は、洗顔後にオールインワンのクリーム→日焼け止めクリーム→コンシーラーのたった3工程で終了です。いきなりこれほど工程が減ると不安になってしまうかも知れませんが、以前より肌の調子が悪いかというと、そんなこともないんです。いろんな化粧品をつけなくても、意外と大丈夫なんだなという印象です。

 いろいろな製品をたくさんつけ過ぎると、それぞれの効果が薄れてしまったり、逆に肌に負担になったり、肌本来の力が弱まってしまうという皮膚科医の先生もいらっしゃるようなので、数を減らせば肌の調子が良くなる方もいるかも知れませんね。

サステイナブルでお財布にも優しいトレンド

 私は、スキンケアの工程を少なくしたら、肌のお手入れを以前より丁寧にできるようになったと思います。美容記事を書いているのに自分のメイクはもともと薄めで、今はファンデーションもつけていません。以前は時間が経つとシワの間にファンデーションが溜まってしまうのが気になっていたのですが、そうした心配もなくなり、周囲からは「今の方が若く見えるよ」と言われることも(嬉)。

 ひとつで多目的に使える化粧品も増えたので、スキニマリズムに乗ってアイシャドー、チーク、リップの3つの用途で使えるカラースティックを購入したら、メイクポーチが小さくなりました。持ち物も少なくなり、パッケージが減るので環境にもお財布にも優しいスキニマリズムには、メリットがたくさんありそうです。

 このトレンドが生まれたのは、コロナ禍でマスクを着用する時間が長くなったり、自宅で過ごす時間が増えてメイクをする機会が減ったことが影響していると言われています。それでもオンライン会議などでシミやしわを隠さず、ありのままの自分をさらけ出すのには、まだ少し抵抗がありますが(汗)、このトレンドによってメイクの選択肢が増えると良いなと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事