orthopedic

ハリウッドセレブの整形はちっとも珍しくないけれど

 ハリウッドでは整形をするのは当たり前。本格的な整形手術からプチ整形まで、まったく珍しくないのです。たとえば、お鼻をちょこっといじるなんてことは、みんなやってるわね。サラ・ジェシカ・パーカー、ブリトニー・スピアーズ、スカーレット・ヨハンソン、ジェニファー・ローレンス……、名前を上げていったらきりがないほど。

 そうそう、パパのお陰でちょっと前まで大統領補佐官なんていう、すごい肩書を持っていたイヴァンカ・トランプだって、上向きだったお鼻が下向きに変わったじゃない? まあ、ほとんどの人は自分が整形したことを認めないけど、昔と今の写真を比べれば一目瞭然よね。

サプライズ出演なのに誰だか気づいて貰えなかったデミ・ムーア

 みなさん、映画『ゴースト』を覚えてます? 公開したのは、かれこれ30年くらい前(溜息)。ショートカットのデミ・ムーア(58歳)がすごく可愛いくて、彼女はこの映画をきっかけにビックになった。そのデミが、ついにやってしまった! 何がって、顔がメチャ変わってしまったんです。

 若い男性好きとも言われたデミは、長年たくさんのお金をかけて、あちこちメンテナンスしてたっぽいんだけど、腕の良い医者を見つけたのか、比較的、上手に修正してたんだよね。何かしているのは間違いないけど、やり過ぎ感がなくて、良い感じに仕上げてたの。

 それなのに、ついにやり過ぎちゃった。1月27日(日本時間28日)にパリで行われたファッション・ショーで、フェンディのランナウェイに“シークレット・ゲスト”として登場したデミ。でも、その顔はデミだと気づかれないほど激変! これじゃシークレット・ゲストの意味がないじゃない。文字通りのシークレットよ(爆)! 「あら、何となくデミにちょっと似てる感じのモデルがいるなぁ~」と思ったら本人じゃないか!って感じで、会場も世間もざわついたってわけ。どうして、元がわからなくなるまでやっちゃうのかな~。担当医、変わったのかな? ほ~んと残念だわ。私がデミだったら絶対に医者を訴えるわね。

あんなに可愛かったメグ・ライアンが……

 わからなくなるまで整形しちゃったと言えば、元ラブコメの女王、メグ・ライアン(59歳)。当時はもう本当に可愛くてチャーミングだったのに、いつからか少しずつ顔をいじり始めて、どんどん酷くなっていったんだよね……。

 彼女は自分が整形していることを公表しているんだけど、最近は以前よりも、ほんのちょっぴり良くなったっていう噂。どうやらこのコロナ禍の影響で外出することが減ったから、ボトックスやヒアルロン酸の注射を休んでいるのではないかと言われている。この2つの注射は両方とも効果があるのは半年間くらいと言われていて、元に戻らないようにするためには、ずっと注射を打ち続けないといけないんだって。メグの顔がちょっぴり元に戻ったのは、恐らく注射を打つことをお休みしてるからではないか?とも言われてる。

様々な変貌を遂げた顔を持つレネー・ゼルウィガー

 もうひとり、誰だか分からないほど顔が変化したのが、レネー・ゼルウィガー(51歳)。レネーの顔の可愛いところは、ちょっと眠そうなお目々だったけど、2014年頃には、眠そうだった目がパッチリになって、まったく誰かわからないほどに。でも、それがなぜか2019年頃には元の目元に戻ったの。アイプチ(懐かしいだろー)みたいなのをやってたのかな? それ以降は、まあ何かやってるだろうけど、上手に修正してるわね。ちなみに本人はなんと整形を完全否定してる(爆)。

 でもね、女優は大変だと思うなあ。何もしなければ、やれ劣化したとか言われちゃうし、やればやったでサイボーグのようだとか、怖いとか言われる。デミも、メグも、レネーも元々美しい顔を持ってるんだから、良い化粧品を使って、フェイスマッサージとかやってれば、素敵に年を取っていけそうに思うんだけどな~。でも、ハリウッド女優たるもの、ひとつのしわも許せないのかしら。まあ、常に若くて美しい人が次々と出てくる業界で仕事をしてると、そうなっちゃうのかな。私なんて老化に伴う体の不調で、しわを気にする余裕もありません(悲)!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事