運命は止まらぬ列車。最後の停留所で何を選択する?

 2022年下半期の運勢を読んだ際、こんな話をさせていただきました。「世界はすでに明らかな2つの流れに私たちを押し進めている。ひとつは愛と平和、そして自由を選択する流れ。もうひとつは、古い信念体系の中に留まり、勝ち負けや対立、物質的な貧富の差の中に身を置くことを選択する流れ」。人の幸せや優先順位はそれぞれ異なります。ですから、どちらを選択しても間違いではありません。古い価値観には良さもあります。誰もが新しい挑戦をする必要はないでしょうし、それぞれが自分の正解を見出せば、それでよいのです。

 大切なのはその選択に後悔しないこと。そして、その時々の選択は自分の責任であることを意識することです。今、目の前で起きていることは、すべて自分の行動、言動、そして選択の結果。そのことを真摯に受け止めて。

 自分が選んだ選択とは異なる選択をした人とは、「明らかに生き方が交わらなくなっていく」。そんなことを体感することが増えてくるのは、2023年上半期の特徴です。そのため人間関係が変わったり、別離を経験する人も。同時に自分の生き方や価値観にあった人との交流が増え、人生に心地良さがもたらされることも多くなるでしょう。

 万が一、あなたが間違った選択をした場合、自分がした選択への猛烈な違和感、後悔を抱く場面が増えるでしょう。「あの時、ああしていれば……」「なぜ、あんなことをしてしまったのだろう……」。そうした後悔は、毎夜あなたに襲ってくるかもしれません。しかし、そんな人にも最後の選択のチャンスがやってきます。

 それぞれの選択に従って、止まらぬ列車に乗ったみなさんの運命ですが、列車は一度だけゆっくりと停止します。そして、そのわずかな停車期間の間に方向転換をすることが可能なのです。ただ、電車の停止期間は非常に短く、しかも選択を変更するには恐らく痛みも伴います。それでも、その時ならあなたは変われるのです。

 皆さん、どうか人生を第三者に委ねないでください。自分がどう生きたいか、そのためには何が必要か。自分でしっかりと自分の意志と足で動いてください。自分の現状を誰かのせいにしたり、自分に言い訳し続けたりするのは、地球規模でのシフトが起こる今はご法度です。何か正すべきことがあるのであれば、自ら動いてください。待っていても誰かがあなたの現状を変えてはくれません。人生を変えるのは自分自身です。

12星座別、2022年上半期の開運ポイント

牡羊座(3月21日~4月19日)
無駄な努力と思うことほど買って出るとき

 牡羊座のあなたに必要となるのは、一見すると無駄に思えるようなことに時間を割くことです。特に「自分には何の得にもならない」と思うことに丁寧に取り組むと幸運に繋がります。「無駄を買って出た結果によって、望むものが手に入る」という不思議を楽しみましょう。また、誰かを優先するための時間を持つことも開運のカギ。ボランティアや困っている友人を助けるなど、積極的に誰かのために手を差し伸べてください。見返りを求めることは厳禁です。幸せのリターンは意外なところからやってくることを忘れないで。

牡牛座(4月20日~5月20日)
自分の不完全さを武器にする

 この世に完璧な人はいません。2023年上半期では、間違うことを恐れて何もしない選択をしたり、人に嫌われることを恐れて自分の意見を言わないなどの行動はマイナスにしかなりません。牡牛座に意識してほしいのは、完璧主義を捨てることです。不完全な自分、ボロボロでみっともないところもある自分を隠さず、表に出していってください。「素のままの不完全な自分」を受け入れられるようになると、あらゆることが好転します。自分の不完全さを武器に出来れば、怖いものなしという状況も作れます。自分自身であることを楽しんでください。

双子座(5月21日~6月21日)
神秘の力を信じる

 2023年上半期の双子座にとって大切になるのは、「こんなこと、ありえないでしょう?」と思うようなことを、あえて信じてみることです。上手すぎる話や、奇跡に近いような偶然。幸運のサインはそんな形で現れます。普段ならば、すぐに疑ったり、冷静さが働いて二の足を踏むようなことでも、2023年の上半期は例外だと思ってください。危険だと思ってしまう意識をあえて取り払ってみることが重要になりそうです。この世は不思議なことに溢れています。神秘の力を信じてみましょう。瞑想することを日課に加えるのも、幸運を呼ぶきっかけになります。

蟹座(6月22日~7月22日)
自己中心的な選択を肯定する

 蟹座の人は母性本能が強く、自分を抑えて、他者を優先してしまうことが往々にあります。しかし2023年上半期は、そんな蟹座らしさを抑えて、もっと自己中心的になって欲しいと思います。自分はどうしたいのか、自分は何を言いたいのか……そうしたことを表に出した方が運命が好転していく時期です。特に、身内に対しては少しわがままな選択を示していくことも重要になりそう。長期的に影響を与える事柄に関する選択は、細心の注意が必要です。5年後、10年後の自分のために正しい選択を、「今」してください。

獅子座(7月23日~8月22日)
すべては愛。そして、それを束ねていく

 2023年上半期の獅子座のテーマは「愛」。それは男女の愛、親子の愛などを遥かに超えた、人間、宇宙への愛という壮大なものです。なぜ、あなたは今、この時代に生を受けたのでしょうか? この時代に生まれ、あなたは何を使命として託されているのでしょうか? そんな問いをぜひ自分に投げかけてみてください。そして、その答えの中心に大きな「愛」を意識して置いてみましょう。この世は現在、様々なところで分断が生まれています。獅子座はある意味、それを束ねるための指名を背負っていることを忘れないでください。すべては愛です。

乙女座(8月23日~9月22日)
新しい人生の扉が開かれる

 乙女座はこの地球規模で起こるシフトの流れにおいて、誰よりも早く「人生の新しい扉が開いた」という感覚を経験します。2023年は新しい流れを意識することが多くなり、良くも悪くも様々なことを模索しながら進んでいく必要が出てきそうです。新しい扉の先には、明るい景色が広がっていることもあれば、そうでない場合もあるでしょう。その景色がどんなものであっても、すべては自分が選択したことの結果であることを忘れないで。そして、たとえその景色が自分が望んだものではない場合でも、自分の選択の仕方次第では違う景色が見える日が来ることも忘れないで。

天秤座(9月23日~10月23日)
真の幸せのために、ひとりで戦う

 天秤座にとって2023年上半期は、1にも2にも内省がテーマになりそうです。この時期あなたは真の幸せを得るために、本当に自分がの望むことをとことん突き詰めて考えていく必要があります。そして、それを具現化していくために、ひとりで戦う場面が増えそうです。たとえ仲間や手を貸してくれる友達がいたとしても、必要な場面ではあえて孤独を選択する勇気を持ちましょう。目の前にある「簡単に手に入る誘惑」に惑わされるのではなく、真に欲するもののために、自分を奮い立たせてチャレンジしていくことが幸運のカギです。

蠍座(10月24日~11月22日)
責任を取ることを学ぶ

 2023年上半期、蠍座はあらゆる場面で自分の「責任」と向き合う日々を過ごすことになりそうです。人生は時に試練を与えるものですが、そういう意味で言うと、2023年の前半はちょっとした試練を経験することになるかもしれません。しかし、その際には、これまでは誰かが取ってくれていた責任を、あえて自分で負ってみることが大事になります。「神様はあなたが乗り越えられない試練は与えない」とよく言われますが、それはとても的を得ています。2023年上半期に自分が取るべき責任に対して腹をくくることができた人には、その後、大きな開運が待っています。

射手座(11月23日~12月21日)
振り返る間も瞬きする間もない狂気を乗りこなす

 2023年上半期の射手座は超多忙。「なんだか分からないうちに、バタバタして時間が過ぎてしまった」というような日々続き、あっという間に2023年の前半が終了してしまうでしょう。過去を振り返ることはおろか、瞬きする間もないほど様々なことをこなしていく必要が出てきます。そして、それはあなたの未来の基礎を作るために必要なバタバタなのです。ですから、今はその狂気的な忙しさを乗りこなしていくことだけに集中して。それが出来れば、2023年の下半期はとても穏やかな状態を楽しめる余裕が出てきます。

山羊座(12月22日~1月19日)
過去との決別

 山羊座にとって2023年上半期は、人生でも1、2を争う大きな手放しの時期になります。あなたが手放すべきは、あなたを縛る「過去」。それは人かもしれないし、思い出かもしれないし、栄光のようなものかもしれません。今は全く機能せず、不要になっているものは、あなたの自由を妨げます。それらを洗い出して、決別する勇気を持ってください。すっきりとした空間や隙間がない場所には、新しい物事が入る余地はありません。2023年上半期に必要な過去との決別は、まさに人生で最も重要になるであろう「一生愛せる新しい何か」が入る場所を作るための準備です。

水瓶座(1月20日~2月18日)
精神的な安全地帯を死守する

 水瓶座の2023年上半期のテーマは、安全地帯を死守することです。特に精神的にあなたが安心できる居場所を確保することが、とても重要になります。あなたには、「何をやっても、何を言っても無条件に安心して受け入れてくれる場所」はありますか? この問いの答えがNOならば、今こそそうした居場所を見つけていく、構築していく時期です。2023年の後半、水瓶座の人には挑戦しなければならない大きな出来事がやってくる可能性が大なので、それに備える必要があるのです。精神的に自分が心から安心できる環境を整えましょう。備えあれば患いなしということを忘れないで。

魚座(2月19日~3月20日)
欲求をコントロールする

 2023年上半期、魚座の人はあらゆる場面で欲求をコントロールしていかねばなりません。物欲、食欲、所有欲……あらゆる誘惑を制御して、出来る限り淡々とした毎日を過ごしてください。なかでも最も制御する必要があるのは「承認欲求」です。自分を認めてもらいたい、自己顕示したいという欲求は封印しましょう。認めて欲しいというアピールをすればするほど、あなた自身が苦しむことになります。開運のカギは古い友人。会いたいけれどご無沙汰している人がいるならば、自分から会いに行きましょう。

おすすめ記事