車の中

キアヌとアレクサンドラ、交際は順調!

 昨年11月、キアヌ・リーヴス(56)が初めて恋人のアレクサンドラ・グラント(47)と手を繋いでレッドカーペットに登場して以来、注目されている二人。白髪を染めないアレクサンドラの容姿は、年齢よりも少し老けて見えることもあり、当初はキアヌには似合わない!っていうバッシングもあったけど、先日この二人が車の窓越しにキスしているシーンが目撃されたの。

 二人の仲睦まじい姿がパパラッチされたのは、ドイツのベルリン。キアヌは今、来年公開予定の「マトリックス4」の撮影中でドイツに滞在中。ねえ、「マトリックス」って1999年公開なの、20年前よ、20年! 若い子は知らないわよね。とにかく、キアヌは撮影中はホテル滞在で、週末は郊外に借りた家でアレクサンドラと過ごしているらしい。写真が撮られたのは、撮影に戻るキアヌをアレクサンドラが車で送って行った時(←このリンクの写真、よく撮れてるわよ!)。車を降りたキアヌが窓越しにアレクサンドラと会話を交わし、別れ際にキス。アレクサンドラは満面の笑みで、なんだか二人とも、ものすごく幸せそう! いいなぁ~。

アレクサンドラはどんな人?

 キアヌだったら、女の子なんて選びたい放題だろうし、言い寄ってくる人もすごく多いだろうけど、そういうチャラチャラしたモデルとか女優を選ばないところが、キアヌらしいよね。ますます高感度アップ! で、見事に彼女の座を獲得したアレクサンドラは、見た目がとても落ち着いているから年上に見えるけど、実はキアヌより10歳も年下なのよね。職業はアーティスト。ロサンゼルス郡美術館(LACMA)、パリやニューヨークの有名ギャラリーにも作品が展示されているらしい。慈善団体を立ち上げて、オリジナル・アートグッズの販売などを行う慈善家でもあるんだって。

 キアヌとは長く親しい友人で、2011年にはキアヌの作った文章に、アレクサンドラがイラストを担当した『Ode to Happiness』という本を出版。2016年にも二人で一緒に『Shadows』を発売しているのよ。2017年には共同で出版社まで設立。しばらくは友人であり、ビジネス・パートナーだったんだよね。キアヌが選ぶ人だから、やっぱり才能のある魅力的な人みたい。飾り立てた外見じゃなくて、髪を染めたりもしない自然な美しさや、内面から湧き出る美しさを持つ人が幸せになっているのを見ると、なんか私も頑張ろう、って思うわ。

キアヌには幸せになってほしい

 キアヌは30代前半の時に、ジェニファー・サイムと交際していたんだよね。彼女はキアヌとの子供を身ごもったんだけど、死産。キアヌといると辛いから別れたいという彼女の気持ちを尊重して二人は別れるんだけど、その後、彼女が亡くなってしまうという、すごく悲しい過去があるの。それ以来、キアヌは公的には誰とも交際していないし、何年か前には、もう結婚はしないようなコメントもしてた。だから、キアヌには今度こそ幸せになって欲しいなぁ。

 「幸せになって欲しい」と言った舌の根も乾かないうちになんだけど、ひとつだけ気になることが……。

 2016年に出版した本は、当初、アレクサンドラがキアヌにプライベートでプレゼントするために作った本らしいのよ。それが良くできていたので出版することになったみたいなんだけど、何だかね~。ちょっと引っかかるわ。物事を斜めから見てしまう私には、ちょっとアレクサンドラのグレーな部分が見えた気が。「私はただの友達よ」って言ってずっとキアヌのそばに居て、私って良い人なのよーっていうアピールをさりげなく出し続け、チャンスがあれば彼女の座を得たいと願っていたような気がしてしまうのは、私だけかしら(笑)? 

まあ、でも私が彼女だったら、たぶん同じようにしたと思うし(笑)、キアヌの彼女になりたくない人なんていないと思うので、許してあげようっと(って誰、私? 笑)。
アラフィフの希望でもある二人には、末永く幸せになって欲しいな。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事