こんな「結婚の条件」が、遠ざける

アラフォー以降の婚活に注意! 2つの困ったパターン

 アラフォー、アラフィフの女性にとっての婚活が、20代や30代の女性と同じようにはいかないことは、もはや定説。結婚市場をドライな視点で見ると、若い女性が好まれる傾向が高いのは今に始まったことではない感がありますし、巷にあふれる成婚率調査などを見ると、「XX歳以上の婚活で、結婚できるのはX%以下」などというデータが多くあるのは事実です。

 しかし、もしもGo Women Go!世代の皆さんが、これから結婚・再婚を望んでいるのなら、世論調査や結婚相談所のうたい成約率などをは、あえて「気にしない」ことをお勧めします。要はみなさんが「成婚する組」に入れば良いだけ! 結婚できる人は、どんな状況下でも、ちゃっかり結婚するものなのですから。「年齢とともに結婚(再婚)は難しい」いう話に振り回されて、「自分もそのひとりになるかもしれない」などと、思わないで良いのです。

 ただし、アラフォー以降の婚活では、ちょっと注意が必要になることもあります。それが、お相手に求める条件。それにはふたつの傾向があると思います。

傾向1:ここまで待ったのだから妥協したくない

 婚活中のみなさんは、きっと結婚相手にさまざまな理想を描いていると思います。「自分の理想通りという訳にはいかないだろう」と頭では思っていても、相手を探す際に意識、無意識に関わらず「これだけは譲れない条件」を前提にしてしまうことは少なくありません。

 特にアラフォー以降になると「せっかくここまで待ったのだから、結婚相手の条件は絶対妥協したくない!」と思う部分が出てくる人もいます。しかし、残念ながら譲れない条件にばかりにこだわると、せっかくのご縁も引き寄せづらくなってしまいます。

 もちろん、大切な人生です。結婚相手にある程度の理想を描くことは何も間違っていません。しかし条件に合う人と結婚しても、結婚生活が理想通りになる保証は何もないというのが現実でもあります。ですから、さまざまな理想や、譲れない条件がある場合でも、婚活コーチングに来る方に対しては、「気持ちは分かります。けれど少し視野を広げてみてはいかがですか?」と毎回言うようにしています。

傾向2:結婚できるなら、贅沢は言わない

 次の傾向は「結婚できるなら、贅沢は言わない」というもの。こちらは先の傾向とは異なり、高すぎる理想はない(むしろ妥協する)という状態です。

 条件にこだわらず、どんな相手でも良いという態度であれば、成約率は高くなるだろう、と思うかもしれません。しかし、これは傾向1以上に、成婚率が下がることもあるのです。それは一体なぜでしょう? 原因は3つあります。

 ひとつは主体性のなさ。「結婚できるなら、誰でも良い」というような状態は、単に「結婚『が』したい状態」であると言っても過言ではありません。相手を好きになること、相手を知ることよりも「結婚できるか否か」が優先されてしまう状態は、男性にはすぐバレてしまいます。

 2つ目の原因は「贅沢は言わない」という言葉の実際の意味が、人によってマチマチである点。贅沢という言葉の解釈は人それぞれですから、こうした主張をもしも皆さんがしているようなら、「贅沢」が何を指すのかを明確にする必要があります。ハードルを下げているつもりでも、もしかしたら肝心なところで、ゆずれない状態が残っているのかもしれません。

 そして最後の原因ですが、これは傾向1、2ともに共通する最大の問題です。

男性が怯えて逃げたくなる、女性の「条件妄想」

 それは、女性が男性を結局は「条件」で見ているという事実です。先ほど「結婚『が』したい状態」にある婚活姿勢は、男性にすぐバレると書きました。それ以上に男性にすぐバレるのは、女性が男性を「条件」で見ているとき。男性を選ぶ基準がこれから始まる彼との人間関係よりも先に、彼の持っている要素、つまり「条件」を見定めている時、男性はみなさんの前から怯えて逃げ出します。

 傾向2については、一見「条件」では見ていないと思えるかもしれません。しかし「誰でも良い」とか「妥協する」という態度でいること自体、男性にとっては「フェア」に自分が扱われていない要素になるわけです。男性というものは、自分と生涯を共にする候補の女性には、まずは自分のことを理解してくれることを期待します。しかしその入り口で、自分の持っている条件が女性側のニーズを満たすか否かとか、何らかの品定めを相手の女性がしていると感じたら、逃げだしたくもなるものです。ましてや「妥協の末に自分と結婚した」というような態度の女性を、どうして受け入れることなど出来るでしょう?

婚活の条件は大切、けれどそれは参考程度に

 先にも書きましたが、条件通りの人と結婚したからと言って、幸せな結婚生活が送れるとは限りません。結婚生活とは日々の積み重ねであり、一緒に暮らすようになると条件以上に重要になるのは、「相手と分かり合う努力を続けること」になります。

 結婚相談所、誰かの紹介、ネット恋愛など、出会いにはいろいろな形があります。出会いのスタイルによっては「条件設定」も必要ですし、みなさんが「こんな人と結婚したい」と理想を描くことは、とても大切なことです。しかし、条件にこだわりすぎたり、その条件に振り回されたりすると、結婚までの道のりが遠くなります。

 結婚の条件は大切です。けれど、ご縁あって誰かと出会う機会があった後には、自分が出した条件は参考程度に扱いましょう。条件以上に大切なのは、目の前にいるお相手を知ることです。そのことに是非、重きを置いてください。

 次回は出会った男性との関係構築について、おすすめしたいTIPや注意したいことなどを紹介したいと思います。お楽しみに!

パスファインディング

 

 

おすすめ記事